読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうなっちゃったのワタシの人生

心と体の不調に日々振り回されている34歳♀の日記です。

苦しめられた逆流性食道炎 2

 

鼻から入れる胃カメラは、

口から入れるカメラに対して細さが結構違った模様。

胃カメラの太さを知らないのでなんとも言えないが。

 

鼻カメラはまず

本当に鼻を貫通するかどうかのテストが

直前になされる。

ということはこれが通らなければ、

胃カメラへと切り替わっていたのだろう。

おぞましい……

 

鼻カメラと同じ太さのものを鼻に突っ込んで、

数分間その状態をキープさせられた。

問題がなかったのでいよいよ準備に入る。

鼻や喉のあたりに麻酔をかけるために、

さまざまな薬品を鼻から注入された。

 

次第に喉のあたりが腫れたような

ボーーン…とした感覚になった。

麻酔が効いてきた証拠だろう。

 

診察台に横になり、

先生がゆっくりと鼻にカメラを入れて行く。

いきなりズボズボと押し進めることはなく、

モニターと私の具合を見ながらゆっくりと入れる。

 

途中だ唾を飲み込みたくなったが、

なるべく飲み込まないようにと看護師さんに言われた。

でも言われると余計に気になって、

一度ゴクリと飲み込んでしまった。

そしたらカメラが喉に当たるのを感じて

急に不安になった。

飲み込むんじゃなかった……

 

 

先生は『モニター見えますか?』と話しかけてくる。

そう。

鼻カメラのいいところは会話ができるということ。

胃カメラは喋れない?と効いているが、

何かしらの唸り声くらいはあげれるのだろうか。

 

 

モニターを見ると自分の食道らしき映像が写っている。

どういう状況なのかよくわからないけど、

スクリーンショットのように途中で撮影をしていた。

 

カメラが喉を通っていたのは、

体感時間としては10分くらいだった気がする。

実際はどれくらいだったかわからないけど。

 

無事に終わり先ほど撮影した画像をすぐに見せてくれた。

食道が赤く荒れているような様子や、

ポリープが1つ見つかった。

 

少しだけ組織を切り取って検査に出したそうだが、

特に悪性のものではないので

ポリープの切除はしなくてもいいのでは、

という結論になった。

 

一方食道が荒れているというのは、

食道や胃と食道をつなぐ部分が荒れているという事らしく

逆流性食道炎の主要な症例と見られた。

 

治療方針は特に変わる事なくこれからもしばらくは

投薬治療で様子を見るということになった。

あとは食生活などの見直し。

 

『ストレスを溜めないでね』ともよく言われるけど

溜めないようにするって…案外難しいことだと思う。

 

その日は麻酔が切れるまで半日近くかかった。

飲食は決まった時間まで禁止で、

それまでドロドロの変な味のする液体薬を飲み続けた。

組織検査で切り取られた部分の傷を塞ぐための薬らしい。

 

麻酔の不快感と飲食できないストレスで

病院から帰ったあとは家族にあたったりもした…。

 

自分だけ辛い思いをしているようで、

私はよく主に家族にあたったりしてしまう。

とんだ迷惑な存在だろう…。