読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうなっちゃったのワタシの人生

心と体の不調に日々振り回されている34歳♀の日記です。

パニック障害との付き合い 2

最近不整脈が続いたので循環器内科へ行った。

そこで先生に『パニック障害の治療してます』

と伝えると、

『心臓がドキドキしたら普通は心療内科に行かずに

循環器に来るけど、アンタ変わってるね』

なんて言われた。

 

 

そうかな、変わってるかな。

だって心拍数が上がるのは毎日決まった場所だもん。

それ以外は普通に過ごせてるんだもん。

 

心臓の病気だったら

もっと何か症状が出てるはずじゃない?

 

と言っても私も症状をネットで調べて

電車や人ごみがダメということは…

もしかして広場恐怖症かも?!

と勝手に症例を当てはめて

自己判断で心療内科に行ったんですがね。

 

 

まぁとにかく。

恐らくパニック障害でしょうとの先生の診断により

心療内科での治療を少しずつ始めることになった。

 

ちなみに心の病は相手から見たらわかりにくいもの。

血液検査に異常値が出るとか、

脳のCTスキャンで判別できるとか。 

レントゲンに何か写るとか。

そういう明確な検査結果が無いのだ。

 

 

先生も実際に私の過呼吸の現場を

目撃したわけでもないので、

断定するのは難しいんだと思う。

 

もしかしたらうつ病なのかもしれないし、

パニック障害じゃないのかもしれないし。

 

でも先生曰く、

うつ病でないことは確かです。

パニック障害の可能性の方が高いけど、

そっちならば薬で治すことができます』

と断言した。

その言葉に少しだけ期待を持てた。

 治るなら治療したい。

 

 

あと半年で職場の契約も切れる。

実家の方が職場に近いので

残りの半年間は実家から通うことにして、

週末だけ夫の元へ帰るという日が続いた。