読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうなっちゃったのワタシの人生

心と体の不調に日々振り回されている34歳♀の日記です。

パニック障害との付き合い

今の夫と結婚する前に同棲を始め引っ越したわけだが、

慣れない土地と家事に疲れて、

段々心身が疲弊していくのがわかった。

 

当時この辛さは言葉になかなかできなくて、

ただただ心がくたびれていくような感覚だった。

 

不機嫌になったり、八つ当たりをするようになったり。

被害妄想が増していくのも自覚していた。

 

夫からしたら、この同棲はハズレだな…と

思われていたに違いない。

 

 

会社へ行くために乗る満員電車も初体験。

車内は人と触れ合う距離で密集している。

空気が悪くて一駅の区間がとても長く感じた。

 

そんなある朝、ホームに電車がやってくると

心拍数が急激に上がって息苦しくなった。

一度乗り込んだものの、なんだか不安になり降りた。

 

でも次乗らなければ遅刻してしまう。

我慢して乗り込んだ。

電車の扉が閉まる。

するとその心臓のドキドキがさらに加速していった。

 

過呼吸のような息苦しさに襲われ

立っていられなくなり、しゃがみこんだ。

1人の女性が気づいてくれて

端っこの方においでと誘導してくれた。

《あの女性に感謝ですね》

 

 

それから毎朝電車に乗るのが怖くなった。

これはオカシイ。

数分経つと何事もなかったかのように

心臓は元に戻る。

心臓の病気ではないなと思った。

電車に乗るときだけこんな風になるのだ。

明らかに体が拒絶しているような感覚。